our-spec

家づくりは性能から

Home » 家づくりは性能から
家づくりは性能から

「確かな性能と豊富なデザイン」をコンセプトに
高い基本性能で暮らしを支える

家づくりをよりエコロジーな暮らし・環境にやさしいものにする為、
高い基本性能を土台としています。
高効率な設備や次世代省エネルギー基準値を超えた気密・断熱性能にするなどの
技術・設計ともに常に商品開発にも積極的に取り組んでおります。

イメージ:商品開発

高い基本性能を実現する
こだわりの技術

イメージ:2×4工法

2×4工法

枠組み壁工法は、「省令準耐火建築物」に認定されるように、火災に対しては燃え広がりづらいといった特徴を持つ上、6面体の面からなる構造体でできているので、地震にも強く、構造体の隙間が少ない為、気密性も高い工法となります。
当社はこの特徴を最大限に生かした上、さらにエコロジーなくらしをご提供するため、断熱性能も高い基準で施工しております。改正省エネ基準値をクリアすることで、秋田県の厳しい気温の変化でも1年中快適に過ごすことのできる木造枠組工法を実現しております。

イメージ:内外ダブル断熱+真空トリプルガラス

カスタム2x4(2X4、2X6) WOODPURE(新在来工法) どちらの工法とも

2地域省エネ基準値をクリアさせた気密・断熱性能の高い快適な室内空間を実現しております。この高い基準の工法を用いエコロジーな暮らしと安全安心な装備で健康的な暮らしをご提供いたします。断熱性能の愛称1.(彩絆~いろは)アクアフォームNEO+真空トリプル+第1種換気他詳しくはカタログを参照ください
断熱性能の愛称2.(彩絆~いろはNEO) 上記1.の仕様に加え 外断熱の付加断熱(ダブル断熱)TETUシステムの採用など優れた断熱性能を提供しております。
詳しくはカタログを参照ください。

イメージ1:換気+エコ
イメージ:全館暖房+エコ

全館暖房+エコ

当社は、オール電化全館暖房を標準としております。 また、平面プランによっては、セントラルヒーティング方式を取り入れ、 1階天井から2階床、間仕切り壁に通気フードによって通気や暖気を効率的に循環させ、冷暖房器具の台数を減らすことで、省エネルギー化につなげております。 外断熱の場合、1階を床下蓄熱暖房も選択でき、足元から暖かい暖房計画も採用しております。

イメージ:安全装備

安全装備+安心保証

もしもの火災のためにワイヤレス連動型火災報知機を標準としております。 1階キッチンでの火災の時、2階の居室もすべての報知器がお知らせするので、就寝の間も安心いただけます。
家庭用設備機器は安心の10年保証をご用意しております。

イメージ:ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)

ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)

「Met Zero Energy House」の頭文字をとって、「ZEH」=「ゼッチ」と読みます。
「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」とは省エネと創エネを組み合わせて、エネルギーの消費量を±0にする家のこと。住まいの断熱・気密性能を高めるとともに、エネルギーを賢く使うことで消費エネルギーを低減、さらに太陽光発電などの機器を活用し、消費したエネルギーの収支をゼロにします。エネルギーを消費するだけだった従来の家と比べ、環境への負担も大幅に軽減する未来の住まいです。
弊社は、2020年までのZEHの普及目標を下記のように設定しています。

ZEH普及目標と実績

2016年(H28年) 2017年(H29年) 2018年(H30年) 2019年(H31年) 2020年(H32年)
ZEH普及目標 0% 0% 0% 30% 50%
実績(年間建築総数) 15棟 18棟 14棟

【1】ZEHの周知・普及に向けた具体策
ZEH仕様の住宅を建てることで、ランニングコストを抑えることができることと、断熱を強化することによる効果を自社HPの他、各種告知に記載し、ZEHの普及に努めます。

【2】ZEHのコストダウンにむけた具体策
断熱強化の建物の割合を増やすことで、仕入価格の低減に努め、各棟毎に原価の見直しを行うことでコストダウンを図っていきます。

【3】その他の取り組みなど
社内教育でもZEH対応の住宅を建てることによるメリットを共有し、基準を満たすだけでなく、コストやメリットに関するお問い合わせに的確にご返答できるようにしていきます。