共和ホーム

共和ホームへのお問合わせは…018-865-2722お問い合わせフォーム
共和ホームの家づくり

次世代省エネ基準

外断熱+次世代所省エネ

外断熱+次世代所省エネ

木造在来工法のもつ空間の自由性を生かし、かつ、木造枠組み工法にも劣らない気密性と断熱性を持った工法をご用意いたしました。 2地域省エネ基準値をクリアさせた気密・断熱性能の高い木造在来工法・外断熱は、外気温の影響を感じさせない快適な室内空間を実現しております。 当社のご用意しております商品「ウッドピュア」は、この高い基準の工法を用いエコロジーな暮らしと安全安心な装備で健康的な暮らしをご提供いたします。

外断熱+次世代所省エネ

2×4+次世代所省エネ

 

木造枠組工法は、「省令準耐火建築物」に認定されるように、火災に対しては燃え広がりずらいといった特徴を持つ上、6面体の面からなる構造体でできているので、地震にも強く、構造体の隙間が少ない為、気密性も高い工法となります。
当社はこの特徴を最大限に生かした上、さらにエコロジーなくらしをご提供するため、断熱性能も高い基準で施工しております。2地域省エネ基準値をクリアすることで、秋田県の厳しい気温の変化でも1年中快適に過ごすことのできる木造枠組工法を実現しております。

2×4+次世代所省エネ

気密・断熱+エコ

当社は2地域次世代省エネルギー基準値をクリアする断熱工事をしております。
秋田県の県北や県南の多雪地域においても、高い断熱性能を発揮し、これによって、温度差の少ない室内空間や冷暖房の省エネルギー化を実現しております。
断熱工事に加えて、構造体の周囲をパネル(構造用合板)で囲み、さらに断熱性を持たせるとともに、気密性能・地震などの揺れに対する力を高めております。

気密・断熱+エコ

高気密・高断熱住宅

効果的な断熱・気密化させた住まいでは、居室間の温度差、及び天井付近の温度差も小さくなり、快適な温熱環境が実現できます。
壁や天井、床・窓から熱エネルギーは逃げてしまいます。その熱量の逃げる度合いを熱損失係数といい、その数値が小さければ小さいほど熱が逃げにくいので、住宅の性能としては高いと評価できます。
消費エネルギーの節約や住空間の快適性だけでなく、二酸化炭素の排出を抑えて地球温対策にも貢献するよう、国は、昭和55年の「省エネ基準」、平成4年の「新省エネ基準」、平成11年の「次世代省エネ基準」と、内容の見直しと強化してきました。
性能の高い住宅は地球にも家計にもエコロジー、共和ホームはその基準値をクリアしています。

全館暖房+エコ

全館暖房+エコ

当社は、オール電化全館暖房を標準としております。
また、平面プランによっては、セントラルヒーティング方式を取り入れ、1階天井から2階床、間仕切り壁に通気フードによって通気や暖気を効率的に循環させ、冷暖房器具の台数を減らすことで、省エネルギー化につなげております。
外断熱の場合、1階を床下蓄熱暖房も選択でき、足元から暖かい暖房計画も採用しております。

PAGE TOP