共和ホーム

共和ホームへのお問合わせは…018-865-2722お問い合わせフォーム

CASE 04   秋田市K様邸  「木楽」の家

パイン材や珪藻土などの自然素材を使用
家族の誰がどこにいるのかわかるオープンな家
PROFILE
家族構成:夫婦、子供2人
敷地面積:52坪
延床面積:39坪
REQUEST
1.オープンな空間
2.自然の素材を使用
3.個性的な外観
IMG_6032
IMG_6013 03 IMG_6008 IMG_6004 IMG_6023

転勤族であるKさん。しかし、小学生の息子さんの「引っ越ししたくない」という言葉に、通学エリアと同じ場所の土地と家を探していた。そんな時、共和ホームの広面展示場に出向き、モデルルームを見学。洋風の外観に、パイン材や珪藻土など自然の素材を使用した内装などがいたく気に入ったKさん。それをお手本に、自分なりのさまざまな希望を加えていったという。今まで、社宅やアパートで過ごしたKさんが希望したのは、家族が部屋に閉じこもるのではなく、誰がどこにいるのかが分かり、どこにいても声が届くオープンな空間。そして奥さんもまた、広いオープンキッチンで、料理をしながらでも子供の勉強する姿が見えるようにということを希望した。

共和ホームでは、その要望を受け、明るい陽射しが入り2階の部屋ともつながっている吹き抜けのリビングをはじめ、家の中には扉がほとんどないか開かれた空間を作り上げた。1階は、キッチン・ダイニングと子供とKさんの共同の勉強部屋。そして、2階は寝室と子供部屋、Kさんの憩いの場となっているフリースペースがある。Kさんは展示場で見て気に入った、タイル製のオープンキッチンやレンジフードなども取り入れ、そのほか、蔵戸のテーブルなどのインテリアはカタログやテレビのドラマを参考にしてリクエストした。また、玄関脇の収納スペースを納戸と繋げたり、ベッドルームにウォークインクローゼット、子供部屋もおもちゃ類を入れるのに十分な収納を設置と機能性も考慮するなど、内装については、すんなりと決まったとか。

しかし、グリーンの外観の色については5~6色の中から選ぶのにかなり迷い、最終的には外装に試し塗りを施し、陽が照った状態や曇った状態で色を確認した上で、ようやく決定したという。

「担当された社長さんがフットワーク軽く一を言えば十動いてくれて、細かい要望も、こちらのやりたいことを実現してくれました」とKさん。それに、「今まで何社か住宅メーカーと関わったことはあるのですが、共和ホームさんは押しが強くなくて、気軽にいろいろと相談できました。」とも。これも、社長自らが常々口にしている「お客様のお気に入りを実現させる」という姿勢そのもの。要望を受け、それに対してきめ細やかにプロならではのさまざまな提案を行う「『当たり前』の仕事です」と、社長。

現在、入居してから2ヶ月余りというKさん家族。「部屋の仕切りがないので、家族がけんかしても行くところがないんです」と笑う奥さん。「全室同じ温度で冬も温かく、吹き抜けのリビングに光が差し込んで明るい気分で心が晴れますね。また、自然の材料を使用しているためか、子供が病気にかからなくなった気がします」と、その住み心地の良さを実感している。

PAGE TOP